ふようどの ふよこちゃん おやまはだいじ をよんで

タイトル:ふようどのふよこちゃん

ISBN:978-4-652-20265-4

作:飯野和好

「ふようどの ふよこちゃん おやまはだいじ をよんで」

「腐葉土」なんて大人になると園芸をする人しか使わないでしょうし、「そんなものもあったなぁ」とすら思わない人もいるかも知れませんね。

子どもに「ふようど」なんて分かるのかしら?
と、思ったのですが、実は子どもの方が「腐葉土」を知っているかも知れません。

もしかしたら、昆虫好きさんは「昆虫の居る場所」として知っているかもしれないし、
学校の花壇や植物の栽培で、使った事があるのかも知れません。

お話としては、まぁ、自然の営み?の中に人間が暮らしている。
「自然は偉大だよ」ということが語られています。

子どもと読んで驚いたのは、子どもが「ねぇ、”ままごと”ってなに?」と、聞くのです。
もう小学校一年生なのに知らなかったのか!と、びっくりしてしまいました。

”ままごと”なんて、幼稚園でいつもやってたじゃん!と、思ったのですが、そういえば「おうちごっこ」と呼んでいたような。。。なんだか、反省しました。
昔なら自然に覚えたような言葉を、実は案外知らないのが我が子です。申し訳ない。。

他にも、”いずみが まんまんとあふれ”など、あまり使った事のない表現が使われていて、私も勉強になりました。いろいろな表現を普段から使っていかないとです。

とても良いところのある絵本でしたが、とってもとっても「声にだして読みにくい」のです。なんでこんなに読みにくいリズムなんだ!と、思いました。

おやすみの時に読みましたが、すらすら読んであげられずに、満足度が低いです。
もし、「すらすら読んであげたい」なら、リハーサルした方が良いでしょう。

おわり

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中