がたごと がたごと をよんで

  • タイトル:がたごとがたごと
  • ISBN:4-494-00887-7
  • 文:内田麟太郎
  • 絵:西村繁男
  • 発行所:童心社

※ネタバレを避けたい方は、お読みにならないでくださいますようお願いします。

「がたごと がたごと をよんで」

「電車観」が崩壊しました。とっても楽しいお話です。

がたごと がたごと

れっしゃに ゆられ

のを こえ やま こえ

ずんずん いくと・・・

さて、どこにいくでしょう。いろんなところに行っちゃいます。

私にとって「電車」とは。

信頼のおける乗り物です。また、「一本のレールの上を走る、密室」でもあります。

それなのに、どう見ても昭和の東京から出発する普通の列車が、時を超え、世界を超え、走っていきます。どこまで走っていくのでしょう。終点はあるのでしょうか。

そして、乗る人、降りる人。。。これが、奥深いです。どう見ても、「ふつう」の人たちが乗ってくるのですが、、、

ふつうと異世界を行ったりきたり、ワクワクする物語でした。

この絵本では、違う集団が「違い」を隠して「ふつう」を演じています。なんだか「県人会」大集合のような絵本です。

みんな違くてみんないいのです。

「自分と違う人がいる」と、存在を認め合っていれば良いだけなのではないでしょうか?(多様性ってやつですね)

だから、みんなでいるときには「ふつう」を演じているのです。それとルールも守りましょう。(TPOってやつですね)

まさに「東京そのもの」が描かれていると思いました。

色々なところから、色々な境遇の人が、色々な理由で集まって、一つの「都会」を作っています。みんな同じに見えますが、そもそも全然違う人たちの集まりが「東京」です。

私は東京の人ですが、「地方の人」が「都会」を作っていると感じる時があります。で、若干それに疲弊しています。

わたしも帰りたいわ。

おわり


「乗り物好きさん」に読んでもらいたい記事は→コチラにまとめております。お時間あればお立ち寄りください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中