ぐりとぐらのおきゃくさま をよんで

  • タイトル:ぐりとぐらのおきゃくさま
  • ISBN:978-4-8340-0101-3
  • 作:中川李枝子
  • 絵:山脇百合子
  • 発行所:福音館書店

「ぐりとぐら」の感想文を書こうとしていたのですが、どうしても書けずにいます。とても難しいのです。おりしも季節はクリスマス。なので、「ぐりとぐらのおきゃくさま」から書いていこうと思います。

それでもやはり難しいので、書評ではなく完全に「読書感想文」として書いてみようと思います。

※ですのでネタバレ含みます。お気になさる方は、お読みにならないでくださいませ。

「ぐりとぐらのおきゃくさま をよんで」

わたしのお家でも、おおぜいのお友達を呼んでクリスマスパーティーをしたいと思いました。

ぐりとぐらは、いつもお友達がたくさんいてうらやましいです。

わたしにも、お友達はいますが、夜あそびに来てくれたことはありません。みんなでクリスマスケーキを食べたり、歌ったりしたら楽しいだろうなと思います。

わたしの家では、クリスマスはケーキは買いに行きます。みんな好きなものが違うのと、大きいケーキは食べきれないから、お父さんとわたしはショートケーキでお母さんはプリンとかゼリーです。

ぐりとぐらのお家には、赤いズボンをはいた白いひげのおじいさんが来ていて、ケーキを焼いてくれました。たぶんサンタクロースだと思います。

サンタクロースは夜中に来ると思っていたけど、昼間に来てくれたのは、ぐりとぐらが「ケーキが食べたい」とお願いしたからかなぁ。わたしもケーキは食べたいけど、ほしい物はたくさんあるから悩みます。

面白かったのは、ぐりとぐらが自分の家になかなか気が付かなかったところです。私も、遠足のバスで家の前を通った時にはびっくりしました。

いつも見ている場所なのに、違う場所だと思っているときがあります。そういう時に、自分の家に入ったのに、知らない靴が置いてあったら、自分の家だと分からなくなると思います。

もし、わたしにお兄ちゃんかお姉ちゃんが居たら、それでもお家の中を探検するかも知れません。でも、一人では怖くて入れないと思いました。

ぐりとぐらはいつも一緒にいて、いいなと思いました。

おわり


クリスマスの絵本の感想は→こちらに書いています。参考になさってください。

ぐりとぐらのおきゃくさま(Amazon)

ぐりとぐらのおきゃくさま(Amazon)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中