どっこいしょだんご をよんで【名作よんでよんで わらいばなし20話】

  • タイトル:名作よんでよんでわらいばなし 20話
  • ISBN:978-4-05-204591-2
  • 発行所:学研プラス

今回は、昔話や落語などが20話+詩2話が収録された「よんでよんで わらいばなし20話」から、「どっこいしょだんご」の感想を書いてみようと思います。

たくさんお話が載っていますが、このお話は初めて知ったから最初に選びました。ご存じない方、※ネタバレ注意です。

「どっこいしょだんご」文:武井高河 絵:いわしろいずみ

「どっこいしょだんごを よんで」

とても信じられないお話です。

「しごともせずぼんやりしている人に嫁が来る」ことが!そして、この嫁のいわゆる「あげまん」っぷりにも、あごが外れます。。

こうやって、どんな状況でも良い方向に変えていけるのは、昔ながらの日本女性の特技なのかと疑うほどです。

まさか、そんなはずはありません。「苦境におかれても、逆境であっても、必ず報われる」と思わせないと、いや、親としても思わないと、「嫁」に出せない時代だったから、だから、日本の昔話や民話には、このようなお話が多いのではないかと思ってしまいます。

このお話は、「仕事もせずに、ぼんやりしていることが多い男」が、「お嫁さんが作っただんご」が食べたいから、「米作りに精を出す」お話です。と、私は読みました。

これは典型的な「男の胃袋をつかむ」ってやつです。「古典ananかよ!」と突っ込みたくなります。

主人公は「男」の「つる平」さんで、「つる平」さんの「のんきもの」ならではの展開と明るさ、つつましくも幸せな家族のお話のように思います。

ですが、、、うーーーーーーん。「つる平さん的な確変が起こるのは」。。

旦那さんが、突如YouTuberとしてブレイクしてしまうくらい、無い話なのではないでしょうか。と、どうしても「嫁」である私は思ってしまいます。

「どうしてその人と結婚したのだろう」と言う人は、まわりにも何人もいます。みんなその状況からとくべつ悪くなることは無いですが、劇的に良くなることも無いです。

そういう物だと、思っているので、このお話は、完全なメルヘンだといいたくなります。もちろん「メルヘン」で良いんですけどね。

すみません。どういうわけか、調子がくるいました。明日以降また頑張ります。

終わり

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中